オーガニックチキンとブロイラーの違い


オーガニックチキンの占有面積

鶏は、ケージに入れられ飼育される事が多いですね。

日本だと何段にも積み上がった鶏舎が思い浮かびます。

広い土地がある諸外国であっても、ブロイラーは狭い所に押し込まれて生きています。

鶏1羽あたりが占有する面積を比べてみましょう。

まずブロイラーですが、1㎡に18羽が押し込まれます。1メートル四方の四角い土地に18羽がひしめき合ってるというわけです。

1羽の鶏がもらえる面積は0.055㎡。身動きできない状態ですね。

フリーレンジと呼ばれる放し飼いの鶏でも、1㎡に6羽の割合で飼育されます。1羽あたりの占有面積は0.16㎡です。それでも、ブロイラーに比べれば3倍の面積がもらえる計算です。

では、ヤラーのオーガニックチキンはどうでしょう。

オーガニックのチキンの占有面積は1羽あたり4㎡です。

organic-chickens

1羽あたりの占有面積
ブロイラー   0.055㎡
フリーレンジ鶏   0.166㎡
オーガニック鶏    4㎡

オーガニックチキンは、ブロイラーの73倍、フリーレンジチキンの25倍の面積を与えられ、自由に動き回る

ちなみに、オーガニックチキンは、これだけの広さを自由に動き回るので、活動量が多くなり、より多くのエネルギーを必要とするため、食べる食事の量も多くなるのだそうです。

ほぼ動き回る事が不可能なブロイラーと比べると、大きな差があります。

こんな環境にいるオーガニックチキン。何を食べているのかというと、牧草が生えている間はグラスフェッドとなります。

ヤラーのチキンの飼育地域は、オランダ、ドイツ、ベルギー、イタリア、イギリスなので、冬場の草が生えていない時期は、オーガニック飼料を与えます。

オーガニックの飼料にはGMO(遺伝子組換え作物)は入っていません。

日光を浴びて、外の自然な風を浴びて、自由に動き回るオーガニックチキンは、ストレスも少なく、育成される間高い免疫力を保ちます。また、運動量が多いので脂肪分が少ない肉となります。

 

ヤラーの工場に運び込まれたオーガニックチキンはこんな感じです↓
DSC00245

 


  • 現在、カリフォルニア州の田舎町で娘と二人暮し中。オーガニック先進地として有名?なこの街から、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。