100%生分解性袋「earth saver」完成しました!


袋を変える、地球が変わる。

earthsaver(アースセイバー)は、180日で完全に土に還る100%生分解性のうんち処理袋です。
海洋を汚染するマイクロプラスチックや焼却時に有害物質が発生する石油化学系樹脂の使用をこれ以上増やさない取り組みの一環として、環境に優しい商品です。

日本の1人あたりのプラスチック容器の廃棄量は、なんと世界第2位!

プラスチックの約80%がゴミ山や環境へ流れ着き、地球環境だけでなく、生態系や私たちの身体に蓄積し悪影響を及ぼしています。

廃棄プラスチックは、焼却時に大量の二酸化炭素が放出され地球温暖化の原因となり、また、マイクロプラスチック化して、環境・生態系汚染 魚や貝や塩から体内へ取り込まれ、結果的に私達の身体・環境に悪影響を及ぼします。

earth saverは 1日11円から始められるサステナブルな取り組みです!

earthsaverは1日1枚使用した場合の費用は11円。是非、自分たちだけでなく、その子どもたち、またその先の人々が健やかに生きていくための取り組みに袋を変えることでサスティナブルな活動にあなたも参加しませんか? 1番大切なのは、小さなことからでも出来ることから始めることです!

earthsaver誕生秘話

EPIテクノロジーのウソが本当に悲しくて。。。

開発者である私は保護犬猫と暮らしています。

ある日、「地球に優しい」と書かれたマナー袋を購入しました。

しかし、後々それは酸化型分解性プラスチック(EPIテクノロジー)の商品で、石油原料のプラスチックに添加剤を加えただけのものであり、生分解性でもなく環境に優しくもなかったことを知ります。

添加物の作用によりプラスチックが数ヶ月で微粒子状に細片化されるため、あたかも「地球に優しい」ように見えますが、微生物に分解されずマイクロプラスチック化し更なる環境汚染・健康被害を引き起こすのです。

「地球に優しい」を実行しようと思ったのに、誤解を招くような表記に裏切られた気分になりとても悲しくなりました。

海外では同プラスチックの廃止や消費者に誤解を与える記載の規制が進んでいます。


しかし、日本は遅れをとっており、「地球に優しい」と表示された酸化型分解性袋が現在でも販売されています。

日本で本物の生分解性マナー袋が見つからず、私のように騙される人がこれ以上増えないよう、自分で作ろうと決心しました。

地球に優しいためには『バイオマス』+『生分解性』両方が必要!

バイオマスプラスチックとは、石油原料を使用せず植物資源(バイオマス)を原料としたプラスチックのことをといいます。

焼却処理しても地球上の二酸化炭素量を増やさないため、地球温暖化防止に有効とされています。
生分解性プラスチックとは、微生物によって完全に分解されるプラスチックです。 土に還るのでマイクロプラスチック化せず環境を汚染しません。

また、100%植物性のearth saverは、焼却時に有害物質を発生させません。

earth saverは、地球温暖化防止・マイクロプラスチックを増やさない取り組みの一環として、石油原料を一切使用せず、箱や芯は100%リサイクル素材で作りました。

100%生分解性 ・100%堆肥化可能・カーボンニュートラルの商品です。是非、みなさんも今日からearth saverの一員になってください!

earthsaverについて詳しくはコチラ↓
https://lechien.life/care/earthsaver/