月別アーカイブ: 2018年4月

花粉症で辛い( ;´Д`) そんな時有効な5つの手立て



may-bunner

「春季療法」のネトル


ネトルは、
ハーブ先進国ドイツで「春季療法」の特効薬として処方される代表的なハーブ。花粉症の軽減のためには、1日に3回ネトルのお茶を飲のがオススメです。緑茶に似た風味で飲みやすいので、抵抗なく取り入れられるはず。ミントやカモミールなどのハーブとブレンドして味の違いを楽しむのもいいですね。

水分補給の意味でも積極的に取り入れると効果的です。

抗炎症にはオメガ3


オメガ3脂肪酸は、
抗炎症効果が高くアレルギー改善にとても役立ちます。私たちは日頃、オメガ6という種類の油はたくさん口にしているのですが、オメガ3は、なかなか摂取ができていないのです。
もちろん体内で生成することもできません。熱に弱く酸化しやすいので摂取が難しいということもあります。サラダにそのままかける、ドレッシングの材料に使うなどして、オメガ3を意識的に取り入れ
てみてください。フラックスシードオイルやエゴマオイルがお勧めです。

DHAやEPAのサプリメントを利用してもいいですね。

グルテンフリー


グルテン
というのは小麦や大麦ぬ含まれるたんぱく質のことです。
小麦に含まれるのですからパン、ラーメン、パスタ、お好み焼き、ケーキなど、小麦を使って作られるもの全てに入っています。セリアック病やリーキーガットという言葉が有名になって、グルテンフリーが脚光を浴びる
ようになりました。グルテンの「グルー」というのは糊の意味。腸壁にへばりついてリーキーガットを起こします。
特にお米の国で育ってきた私たち日本人は、小麦製品とのお付き合いも浅い民族です。

グルテンを避けて花粉症が治った人もいます。

羽生結弦くんの勝負メシは「ご飯」だそうですよ。
アレルギー軽減のためにも、グルテンを意識してみませんか?

お部屋の花粉を軽減


お部屋に戻ってから
も花粉にさらされていたのでは安眠すらできません。せめて家に戻ったら、花粉との接触は避けたいのに、ドアから窓からどんどん入り込んできます。

アクアリブには、花粉アレルゲンを不活化する効果があります。

噴霧器でアクアリブを空間に拡散させることで、花粉を包み込んで落としますので、物理的な
花粉軽減効果も期待できます。

インフルエンザやノロウイルスの対策としてだけでなく、花粉軽減のためにアクアリブを活用
してみてくださいね!

腸管免疫を味方にする


花粉症
などのアレルギー症状というのは、鼻や喉などの粘膜や皮膚がただれた状態です。原始の単細胞生物だった頃、私たちは腸だけの存在。つまりホースの切れ端みたいなものでした。

腸を口から出して頭からかぶると、腸の内壁が外側の皮膚になるイメージができると思います。

脳よりも先にできた「腸」は、免疫を司る場面では、実は脳よりも賢かったりします。

アレルギー改善の鍵は腸管免疫。腸内環境を整えることで、体質改善、アレルギー軽減を目指し
ましょう!同じく太古の植物、モリンガが助けになります。



99円キャンペーン、4月末日まで延長!
小林メイの電子書籍はアマゾンKindleストアよりお求めいただけます↓


may-bunner










  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。電子書籍「本当は怖いペットフードの真実』がRCFパブシッシングから出版されました。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

デトックスに役立つ食べ物 最強のベスト6 サンタモニカファーマーズマーケットより



may-bunner
有害物質が体内に蓄積されていくことで、アレルギー症状が出たり、内臓の働きが弱まったりします。環境的な要素、ストレスなど、現代に生きる私たちが、有害物質から完全に無縁の生活を送ることはほぼ不可能だと思います。

じゃあどうする?

積極的なデトックスで、有害物質を体内に溜めたままにしない。

これが最善の方法なんじゃないかと思うのです。

こちらの記事もご参照下さい

現代人にデトックスが必要なわけ

デトックスが必要な時に現れる体のサイン・心のサイン

私の住んでいるサンタモニカはファーマーズマーケットが有名です。水曜、土曜、日曜にファーマーズマーケットが開かれていて、新鮮で安全な食材を買い求めることができます。

近隣の大都市では、ファーマーからではなく、
スーパーに出回るのと同じルートの野菜や果物が並ぶこともあると言われますが、

サンタモニカの(特に私が行く小規模な)ファーマーズマーケットは、
生産者がダイレクトに農産物を持ち込んでいるという安心感もあります。

私が行くのは毎週土曜日。

ヨガのクラスの後、同じ公園で開かれているファーマーズマーケットです。

ヨガマットを抱えたまま、必ず毎週、色々な店を回るので、
ヨガのクラスがない週に、ヨガマットなしで訪問したら

「今日はヨガはなかったのかい?」と聞かれたりして、覚えてくれてたことがちょっと嬉しくなりました。

デトックスを促進するには、オーガニックの食材を使いたいので、ファーマーズマーケットはとても助かります。

では、ファーマーズマーケットに並ぶ食品の中の、デトックス最強ベスト6の食べ物を選んでみたいと思います。


1.オーガニックりんご
毎日一個のリンゴは医者を遠ざけるという諺があるように、リンゴは秘めた力を持つ果物です。無農薬、オーガニック栽培が難しい果物の代表だということを、
奇跡のリンゴの木村さんの本を読み、映画も観て知っていたので

ファーマーズマーケットでオーガニックのリンゴを見つけた時はとても感激しました。

幾つかの種類のオーガニックのリンゴが、無造作に大きなカゴに積まれて売られています。

私は日本人なので、フジというネーミングが誇らしく、
食べ慣れていることもあり、ついフジに手がいきます。
小ぶりですがとっても甘くて香りがよくて美味しいのです。

りんごに含まれる水溶性の食物繊維ペクチンは、調整作用があり、下痢や便秘などの症状を改善する働きをします。

りんごの赤い皮に含まれるアントシアニンは抗酸化力を持ちます。

オーガニックのりんごなら、皮をむかずにアントシアニンを含む皮ごとそのまま食べられます。

また、りんごに含まれるペクチンは、他の食材のペクチンに比べ、腸内の悪玉菌を抑制する力が強いと言われています。


2.オーガニックビーツ
日本では北海道で栽培されているようですが、あまり見かけないかもしれません。カリフォルニアではよく目にする野菜です。

スライスしてオリーブオイルをかけてオーブン焼きにするというシンプルな調理法がオススメの、赤いカブのような形状のビーツには

赤い色素であるポリフェノールが豊富に含まれています。
そう、赤ワインを飲まなくてもビーツを食べればポリフェノールが摂れちゃう!

ポリフェノールは抗酸化力が高く、体が錆つかないように保ってくれます。

また、ビーツには消化器から毒素を取り除く作用もあり、腸内を浄化してくれるので、腸内環境整備にもオススメです。


3.オーガニックレモン
レモンにはビタミンCが豊富に含まれているというのはよく知られていますね。抗酸化力が高いレモンは朝一番にレモンウオーターで飲むのにも適しています。

レモンには、肝臓の解毒作用促進効果もあると言われ、含有されているビタミンCとの相乗効果で、デトックスを促進してくれるのです。

皮にワックスや防カビ剤が添付されていない、オーガニックのレモンを選んで下さいね。


4.オーガニックニンジン(緑黄色野菜)
ニンジンといえばβカロテンの含有量で有名です。
天然色素の一つであるβカロテンは、強力な抗酸化作用を持っています。βカロテンはビタミンAに変換され、目の健康へも貢献します。

βカロテンと同じカロテノイドの一種、ルチンも豊富です。

色素に含まれるこれらのフラボノイドのほか、水溶性の食物繊維も含み、腸内で善玉菌の増殖・活性化を促進してくれます。

オーガニックのニンジンを皮をむかずに食べるのがオススメです。


5.オーガニックニンニク
ニンニクには驚くべき力が秘められています。疲れた時のスタミナ補給のイメージが強いニンニク。
疲労回復効果で元気にるのを実感されている方も多いでしょう。

ニンニクのアリシンという成分が、たんぱく質の消化を助け、胃液の分泌を促進します。

高血圧や中性脂肪の抑制効果もあり、動脈硬化や脳梗塞などの病気の予防にも役立ちます。

血圧を正常に保ったり、駆虫効果などもあるニンニク。

デトックスの助けになってくれること間違いなしです。


6.オーガニックモリンガ
モリンガは、地球上の可食植物の中で一番栄養価が高いと言われています。生育が早く、根、種、葉、茎と全草を余すことなく活用できるため、国連世界食糧計画に採用されました。

植物でありながら必須アミノ酸などのたんぱく質を多く含みます。含有量の多いギャバは、

体への作用だけでなくリラックス効果や安眠作用など、精神作用への効能が期待されています。

腸内環境を整え、便秘や肌荒れなどの改善に寄与します。

自然の森では、衛生面での問題をクリアした国産完全無農薬モリンガをお勧めしています。

『モリンガの恵み』



99円キャンペーン、4月末日まで延長!
小林メイの電子書籍はアマゾンKindleストアよりお求めいただけます↓


may-bunner







  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。電子書籍「本当は怖いペットフードの真実』がRCFパブシッシングから出版されました。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

現代に生きる私たちにデトックスが必要なわけ



may-bunner


ストレス
いっぱいの現代に生きる私たち。

工業化が進む以前の時代と比べると、生活環境も大きく変化を遂げ、大気汚染、食品添加物、合成化学薬品、環境ホルモンなどの有害物質が常に身近にある状況です。
有害重金属、農薬、合成薬、殺虫剤、食品添加物、数え上げたらキリがありません。
気をつけていても個人の力ではどうにもならないものもあります。

このような有害物質は、知らぬ間に体内に侵入して、免疫力や代謝機能の低下、アレルギーなどを引き起こす原因となります。

たくさんあふれ返る有害物質にさらされながら、時間に追われストレスを感じて過ごす私たちの体は、有害物質を排出できずに溜め込んでしまう傾向にあります。



有害物質は、
身の回りの至る所に潜んでいます。

鉛やカドミウム、水銀などといった体に悪い重金属。
大気汚染と言われる空中の有害物質としては、車の排気ガス、工場やゴミ焼却炉からの排煙から、中国から飛散するPM2.5などがあります。喫煙による副流煙も問題になっています。
夏になれば当たり前のように使用される殺虫剤や虫除けスプレー。
日々のシャンプーや歯磨き粉、手洗いや洗濯に使用されている洗浄剤の多くは合成界面活性剤です。
地面には農薬や除草剤が散布され、体に不調を感じればすぐに薬を飲む生活。
病院に行けば安易に処方される抗生物質。
野菜や果物の畑に散布された農薬や、家畜の飼育に使われる抗生物質やホルモン剤は、食べ物に残留し私たちの体に侵入してきます。

これでは、有害物質と接触せずに生活すること自体、かなり困難なことだと分かりますね。
だからこそ、意識的に体から毒素を出すことが重要なのです。



デトックス
は、有害物質を体の外に出してあげることです。

偏食や暴飲暴食、運動不足など、現代の生活がもたらす弊害で、私たちの体はそれらの有害物質を上手に体外に排出できない傾向にあります。
有害化学物質は、自然界に存在していたものではないので、それらを消化する機能が体には備わっていないということです。

有害物質を体の中に溜まったままにしておくと、肌荒れや便秘、むくみ、冷え、不眠、うつ、肥満、頭痛、口臭や体臭、風邪を引きやすいなど、様々な不調が現れます。

知らぬ間に体に侵入してしまっている毒素を、意識的に排出することで、体が正常な働きができるように保ちたいですね。



毒素が溜まると
体の不調だけでなく、精神的な不調も引き起こします。

常に疲れが取れないように感じたりすることもあります。

心配事が心から離れない、常にイライラしているなど、心の不調を感じたら、うつ病などの深刻な症状にならないうちに、デトックスをして体内の毒素の排出を心がけてみましょう。



知らぬ間に
体に中に溜まっていく有害化学物質。

現代の環境下で生きる私たちは、本来自然と共に生きてきた生物が対応できない環境への対応を迫られていると言っても過言ではないでしょう。
意識的にデトックスすることは、有害物質が引き起こす数々のトラブルから身を守る有効な手段といえます。

どんな食材がデトックスの助けになるのかは、こちらのコラムをどうぞ。
【デトックスに役立つ食べ物 最強のベスト6】

こんな症状が現れた時は、毒素が溜まっていると知らせてくれるサインかも。
【デトックスが必要だと訴えるサイン】


may-bunner









99円キャンペーン、4月末日まで延長!
小林メイの電子書籍はアマゾンKindleストアよりお求めいただけます↓


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。電子書籍「本当は怖いペットフードの真実』がRCFパブシッシングから出版されました。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

今更だけど聞いてもいいかな?フィラリア予防の質問6つ


フィラリア予防はいつからいつまで?

 

フィラリア症は蚊を媒介して感染する病気です。

[どんな病気なのかはこちらの記事を→獣医師小林のフィラリア症のシンプル解説]

 

蚊を介して感染するので、蚊がいる間が問題です。

 

一般的な目安として、予防薬の投与は「蚊の発生後1ヶ月〜終息後1ヶ月」と言われています。

 

最近は、暖房設備の普及や、冬でもお湯が流れる下水道管が暖かいため、蚊の生息期間は長くなる傾向にあると言われます。温暖化の影響もあるかもしれませんね。

 

関東地方では、例年の気候状況から、概ね5月から12月の8ヶ月間の投与をお勧めしています。

 

すばる動物病院では、7回分のお値段で8ヶ月の予防薬をお求めいただける、お得な「フィラリア症予防薬8回セット」をご用意しております。

 

フィラリア予防薬は、フィラリア症に対応するお薬と、フィラリア症と一緒に、ノミ・マダニ駆除+腸内寄生虫駆除ができる[パノラミス]の2種類のお薬があります。

 

filaria-bunner

panolamis-bunner

 

 

室内で飼っているから感染しないよね?

 

「ウチは、部屋の中で完全室内飼いをしているから、フィラリア症にはならないはずです。」とおっしゃる飼い主さんがいます。

フィラリア症は、蚊を媒介して感染する病気だと言いました。

なので、蚊に刺されなければ感染はしないはずです。

でも、残念ながら蚊は容易に室内にまで侵入し、多分どちらのお宅も、お部屋の中の蚊を100%シャットアウトするのは不可能だと思われます。

 

わんちゃんを外にお散歩に連れて行くこともありますね。

外で飼っていないから大丈夫というのは、フィラリア症には当てはまりません

 

 

感染したって死なないでしょ?

 

フィラリア症にかかっても、すぐに症状が出るわけではありません。

症状が出るまでの期間やその症状は、個体差があって、犬の体格や健康状態によって千差万別です。

寄生しているフィラリアの数が少ない場合は、一般的には無症状であることが多いとされています。

しかし、劇的な症状がでないからフィラリア症にかかっても死なないと思うのは間違いです。

 

フィラリア成虫が、心臓や肺動脈に入り込んで血流が悪化して様々な障害がでてきます。

それを放置したままにすると、手術でも取り除くことができず、手の施しようがなくなってしまいます。

適切な処置を怠れば最終的には死に至る病気です。

 

 手術で心臓から取り除いたフィラリア成虫です

 

 

フィラリア予防薬飲ませる前に検査するのは何故?

 

万一フィラリア症に感染していたとしても、初期には無症状で感染に気づきにくいことがあります。

症状がないから感染していないと勝手に判断し、予防薬を投与してしまうと、予防薬によりアレルギー反応やショック症状を起こす危険性があります

 

寄生しているフィラリア成虫に気づかずに予防薬を投与して愛犬を命の危険に晒すより、しっかり検査してから投与する目的で、予防薬投与前の血液検査が行われます。

 

前のシーズン中に、投薬を忘れてしまったことがある、しばらく投薬はせずに過ごしてしまった、といったわんちゃんは特に血液検査を受けてからの投薬をお勧めします。

 

test-bunner-1

 

 

感染した犬に噛まれたらフィラリアがうつる?

 

狂犬病は感染した動物に噛まれると感染しますが、フィラリア症は蚊が媒介するので、感染した犬に噛まれたことでうつることはありません

他の犬に噛まれた時は、フィラリアの心配ではなく、他の病気や噛まれた傷の心配が必要ですね。

 

ちなみに、フィラリア症は、犬だけがかかると思われていますが、稀に猫や、フェレットなどのげっ歯類がかかることもあります。

 

 

予防より治療する方が楽でしょ?

 

毎月お薬を飲ませるなんて面倒だから、感染したら対処する方が楽と思われる方もいらっしゃるようです。

確かに、定期的に投薬するのは面倒かもしれません。

しかし、もし感染してしまったら、それも症状が出て気づく頃には症状が進んでしまっている可能性の方が大きいです

手術や入院などが必要になったり、長期に渡る対症療法が必要になったりします。

 

つまり、犬の体にも負担がかかり、飼い主さんの金銭的な部分にも負担が大きいということになります。
フィラリアの治療に比べたら、予防の方が断然簡単なことなのです。

 

ousin-2018-3


  • ルシアン代表・すばる動物病院院長。栃木県生まれ。酪農学園大学獣医学部卒、獣医皮膚科学会所属獣医師。薬の長期連続投与より、ナチュラルケや予防医学に力を入れたいという思いから、メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト資格も取得。飼い主さんの良きアドバイザーになれるよう日々勉強中。趣味はスキーとテニス、時々ゴルフ。