月別アーカイブ: 2016年1月

1000頭以上の犬の死因は中国産ジャーキーか?


中国産原料がペットの病気に関連しているかも?
中国産原料で作っても『国産フード」

という、中国産ペットフードの問題を取り上げてきました。

では、前回ご紹介したTruth About Pet Food主宰のスーザンさんが
何故中国産ジャーキーを問題視しているのか?
その辺の事情をお話ししたいと思います。

アメリカで2014年に、
中国産ジャーキーを食べて1000頭以上の犬が死んだという事件が起きました。

byouki_dog

2014年5月1日時点で
・FDAが受けった報告数:4,800件
・病気になったペットの数:犬:5,600匹 猫:24匹 
・死亡の報告:犬:1,000匹以上

↑この報告に対してFDAが行った調査結果がこれです。↓

【6月18日 AFP】米国で中国製のペット用ジャーキーを食べた1000匹以上の犬が死んだ問題を調査している
米食品医薬品局(US Food and Drug Administration、FDA)は17日、
米議会中国問題執行委員会(Congressional-Executive Commission on China、CECC)の公聴会で、
これらの犬の死因はまだ特定できていないと報告した。

 FDA動物用医薬品センター(Center for Veterinary Medicine)のトレーシー・フォーファ(Tracey Forfa)氏は同委員会に対し、
中国から輸入されたジャーキー製品が原因で体調を崩したことが報告されている犬の数は、
2007年以降で5600匹以上に上ると報告した上で、
「徹底的な科学的調査が行われたものの、残念ながらFDAは、報告があった体調不良や死の原因を特定することはできていない」と述べた。

 同氏によると、体調を崩した犬のサイズ、年齢、犬種はさまざまで、
うち60%に胃腸疾患、30%に腎臓や泌尿器の問題がみられた。
中にはファンコーニ症候群と呼ばれる珍しい病気になった犬もいたという。

 消費者の間での懸念拡大を受け、ペット用品販売大手のペットコ(Petco)とペットスマート(Petsmart)は、
数か月以内に店頭から中国製ペットフードを全て撤去すると発表している。

事件の概要だけで、疑わしいメーカー名や種類などの踏み込んだ報告はありません。

「これは中国産ジャーキーですよ!」と、
はっきり「中国産」ということがパッケージを見て判断できれば
購入の際の判断材料となりますが
原料が中国産で、アメリカ製だったり、日本製だったりするものは、もうお手上げです。
消費者には、判断する材料すら与えられていません。

中国産ジャーキー問題を年代順に追ってみると、
FDAが初めてチキンジャーキーに対する警告を出したのが
2007年9月で、原因のメーカーやブランド名なども不明です。
   ↓
2011年11月に改めて警告を出した際には
「中国産ジャーキー」に対する警告となっていました。
   ↓
2012年3月にアメリカの放送局NBCが、少なくとも600匹の犬が病気になったとニュースで伝えました。
腎不全や慢性的な疾患と関連があるメーカー名を公表したが、メーカーは反論。
報告された主なメーカーはネスレ・ピュリナ、デルモンテ
   ↓
2013年1月には
ネスレ・ピュリナとデルモンテが自社で販売している中国産チキンジャーキーを市場から回収したと発表しました。
ニューヨーク州農務省が、米国では禁止されている抗生物質をチキンジャーキーから発見したためです。
   ↓
そして冒頭の2014年5月のFDAへの事故報告と
同年6月のFDAの調査が行われたというところへつながっていきます。

中国の畜産現場ではコリスチンという抗生物質が家畜の飼料に大量に混ぜられています。
これは、抗生物質と耐性菌の問題で明るみに出ました。

fat drug pig

スーザンさんの「中国産ジャーキーがペットの病気を引き起こしている」、
という推論の根拠がお分かりいただけたと思います。

中国産ジャーキーと分かれば、選別可能ですから買わずにおけば良いのですが、
原料が中国産であっても、「アメリカ製」や「日本の国産フード」と書かれていたら
選別など不可能です。

中国産原料で作られる、日本の「国産フード」が原因で
死亡するペットの報告例が出ないことを祈りたいです。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

栃木県足利市にて迷子犬の飼い主様を探しています


こんにちは。獣医師の小林です。

ルシアンの事務所がある栃木県足利市江川町付近にて柴犬を保護致しました。

image1

image2

image3

とても人懐っこいワンちゃんです。

食欲・元気はありますが、尾の先端の脱毛、眼球の白濁、口の右側に猫に引っかかれたような傷跡があります。

現在、飼い主様を探しておりますがまだ見つかっておりません。

もしお心当たりのある方は
電話:0284-73-3636
メール:info@lechien.life
↑こちらにご連絡いただけますと幸いに存じます。
何卒、よろしくお願い申し上げます

 


  • ルシアン代表・すばる動物病院院長。栃木県生まれ。酪農学園大学獣医学部卒、獣医皮膚科学会所属獣医師。薬の長期連続投与より、ナチュラルケや予防医学に力を入れたいという思いから、メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト資格も取得。飼い主さんの良きアドバイザーになれるよう日々勉強中。趣味はスキーとテニス、時々ゴルフ。

要注意の危険な植物 for dogs and cats


こんにちは。獣医師の小林です。

前回と前々回の2回にわたって、ペットの誤食について、
キシリトールが犬にとって脅威になることと、
犬猫の誤食事故を引き起こす原因物質は何かというデータを見てきました。

今回は、犬や猫が食べてしまったら危険な植物について書いてみようと思います。

基本的には、人間に害を及ぼす毒性のある植物はペットにも有害となるでしょう。
日本には200種類以上の毒性植物が存在するとも言われています。
ですが、今回は200種類を書き連ねはしませんよ。

植物の中でも、特に犬や猫に影響を及ぼすというデータがあるものを拾っていきたいと思います。

最初に挙げたユリ科の植物は、たとえ葉っぱ一枚でもあっても
特に猫に対して重篤な影響を与えます。
下記↓のデータも参考にして、猫ちゃんの飼い主さんはユリ科の植物には十分注意してくださいね!

ASPCA・アニマル・ポイズン・コントロール・センター
獣医師ペトラ・ヴォルマーによる報告[猫におけるユリ科植物の毒性]
猫がユリ科の植物を摂取した2時間以内に、嘔吐、食欲不振、意欲減退などの症状が現れ、
この症状はおおよそ12時間以内には軽減するでしょう。
摂取後24時間から72時間かけて、血中尿素窒素・クレアチン・カリウム・リンの濃度が上昇することにより
食欲不振、意欲減退は継続します。
by Petra A. Volmer, DVM, MS, Dipl. ABVT, Dipl. ABT, ASPCA Animal Poison Control Center
データ参照元:Veterinary Medicine

⚫️ユリ科植物は岡山理科大学のページで画像と一緒に見ることができます

  

アメリカ動物虐待防止協会アニマル・ポイズン・コントロール・センターに寄せられた誤食事故報告をもとに
ペットが誤って食べると危険な植物のリストをご紹介します。
Asiatic Lilies(Lilium sp.) テッポウユリ、タカサゴユリなど
ユリ科ユリ属の植物

葉が茎から放射状に広がり、大きなトランペット状の花を付ける。黄色・白・オレンジ・ピンク・赤など多くの色の花がある。全草に毒素を持つが、特に花粉にさらされると急性腎障害を引き起こす。
猫はユリ科の植物で腎不全に至ることがある。
lilies-asiayic
Daylilies(Hemerocallis sp.)ヤブカンゾウ、ニッコウキスゲなど
ユリ科ワスレグザ属の植物

ユリ属の花と似通った花を咲かせるが、葉は草状をしている。ユリ科ユリ属の植物と同様、全草に毒素を持つが、特に花粉にさらされると急性腎障害を引き起こす。
猫のみ影響を受け腎不全を起こす。
lilies-daylilies
Peace Lilies(Spathipyllum) スパティフィラム
サトイモ科スパティフィラム属の植物

鮮やかな緑色の艶のある葉を持つ。主に白い独特な花を付ける。花色は黄色もしくは緑色のものもある。不溶性のシュウ酸カルシウム結晶を含み、動物が噛むと即座に炎症を起こす。口腔の炎症、唾液過多、嘔吐、下痢などの症状がみられる。口腔、咽頭、舌の腫れを引き起こす。
lilies-peace lilies spathiphyllum
Lily of the valley(Convallaria sp.) スズラン
スズランは群生するため一見沢山の葉が付いているように見えるが、一株につき2枚の光沢のある葉を持つ。春先に細い茎の先にボール状で白かピンク色の花を付ける。全草が有毒で、嘔吐、不整脈、徐脈、高カリウム血症を起こし死亡する可能性も。
lilies-lily of the valley
Tulip/Narcissus Bulbs チューリップスイセンの球根
チューリップもユリ科の植物だが、ここでは球根に毒性があるということでスイセンと一緒にリストアップした。含有する毒素により、中枢神経系の機能低下、激しい胃腸の炎症、涎、食欲減退、痙攣、心臓異常を引き起こす。
tulip01
Azalea/Rhododendron シャクナゲ/アザレア
ツツジ科ツツジ属の植物
グラヤノトキシン(Grayanotoxin)と呼ばれる有毒物質を含み、動物が摂取すると、嘔吐、涎、下痢、中枢神経系の衰弱及び機能低下を起こす。アザレアの強力な毒素は、心臓血管を破壊し最終的に昏睡と死を招く。
azalea
Oleander オレアンダー/セイヨウキョウチクトウ
キョウチクトウ科キョウチクトウ属の植物

キョウチクトウの乳液は有毒で、強心配糖体を含み、それにより深刻な消化管の炎症や心臓機能異常、低体温を起こし死に至ることもある。
oleander
Castor Bean トウゴマの実(Ricinus communis)
トウダイグサ科トウゴマ属の植物

トウゴマの有毒成分はリチンと呼ばれる有毒タンパク質で、激しい腹痛、涎、嘔吐、下痢、激しい喉の渇き、衰弱、食欲減退などを引き起こす。
特に重篤なケースでは、脱水、筋肉の痙攣、震え、昏睡及び死に至る可能性も。
caster bean
Cyclamen シクラメン
サクラソウ科シクラメン属の植物

様々な花色があり、冬場に出回る人気の高い鉢植植物。シクラミンという有毒物質を含む。シクラミンは特に根に集中してみられる。嘔吐を含む胃腸の甚だしい炎症を引き起こし、死亡例も報告されている。
CyclamenPink
Yew(Taxus spp)イチイ
イチイ科イチイ属の植物

タキシンという名で知られる有毒成分は、中枢神経系に影響を与え、震えや呼吸困難、運動神経障害を引き起こす。また激しい胃腸の炎症や心不全など、死亡例に結びつく症例が引き起こされることもある。
yew
Amaryllis アマリリス
ヒガンバナ科ヒガンバナ属の植物

人気のあるガーデン植物。日本に自生のヒガンバナ科の植物は、ヒガンバナやキツネノカミソリなどだが、昨今は園芸種の大型の花をつける品種も出回ってきている。含まれる毒素は嘔吐や無気力、下痢、唾液過多、神経性食欲不振、震えなどを引き起こす。
amaryllis
Autumn Crocus イヌサフラン
かつてはユリ科に分類されていたが、現在はイヌサフラン科に分類されている。
含有の有毒成分コルヒチンにより口腔の炎症、吐血、下痢、多臓器障害を引き起こす。
autumn crocus
Chrysanthemum 菊キク科キク属の植物
⇨wikiキク属

切り花としても庭に植える植物としてもとても馴染み深い花である。キク科の植物は、ピレスリンを含む。万一ペットが摂取した場合、涎や嘔吐、下痢などの胃腸障害を引き起こす。植物のどの部分でも、過度に摂取した場合は、衰弱や運動障害なども起こりうる。
mum
Kalanchoe カランコエ
ベンケイ草科の植物

ペットが摂取すると、胃腸の炎症や障害、心臓及び心拍数や脈拍への重大な影響を及ぼします。
kalanchoe
Sago Palm(Cycas Revoluta) ソテツ
ソテツ科ソテツ属の植物

特に種子に有毒成分のサイカシンを多量に含む。1粒か2粒の種子を摂取しただけで、嘔吐、下痢、無気力、卒中、肝不全などの重篤な症状を引き起こす。
sago palm
English Ivy(Hedera helix) セイヨウキヅタ
ウコギ科キヅタ属の植物

園芸用植物として広く利用されているが、キヅタ属の植物はサポニンを含み、ペットが摂取すると嘔吐、腹痛、唾液過多、下痢などを引き起こす。
ivy
Schefflera(Schefflera and Brassaia actinophylla)
ウコギ科シェフレア属/ブラッサイア属の植物

カポックと言う名前で広く親しまれている人気のある観葉植物。広く普及しているがペットには要注意の植物。シュウ酸カルシウム結晶を含み、ペットが摂取した場合、口腔の炎症、唾液過多、嚥下困難、唇や舌の激しい痛みと炎症を引き起こす。
Schefflera_Actinaphylla
Pothos ポトス
サトイモ科の植物

少ない光量でも生育する丈夫な葉を持つため、人気の観葉植物。ペットが噛んだり飲みこんだりすると、口腔の著しい腫れや、消化管の重篤な炎症を引き起こす。
potosu2
Marijuana カンナビス 大麻
コンパニオンアニマルが摂取すると、中枢神経系の機能低下、運動神経障害、嘔吐、下痢、涎、心拍数増加、昏睡などを引き起こす。日本では合法化されていない植物なのでお目にかかることはないかもしれませんが、アメリカのポインズンコントロールセンターのリストにあったので念のため。
cannabis

上記の表には、アメリカのアニマルポインズンコントロールセンターに
症例報告例のあるものをリストアップしました。

庭の園芸植物や室内の観葉植物など、人の目を楽しませてくれる植物ですが、
ペットには危険なものがたくさんありますね。

重篤な事故が起きないよう十分に気をつけて選んで下さい。


  • ルシアン代表・すばる動物病院院長。栃木県生まれ。酪農学園大学獣医学部卒、獣医皮膚科学会所属獣医師。薬の長期連続投与より、ナチュラルケや予防医学に力を入れたいという思いから、メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト資格も取得。飼い主さんの良きアドバイザーになれるよう日々勉強中。趣味はスキーとテニス、時々ゴルフ。

ヤラーの国オランダと日本の 100年前の約束


ヤラーはオランダで生まれたフードです。

まだオーガニックのペットフードなど世界中どこにも存在すらしていなかった時に
ロエレビンクさんというバーニーズマウンテンドッグの飼い主が
愛犬の皮膚病を治してあげたくて作ったフードに端を発します。

『オランダといえばオーガニックフードのヤラーだよねー!』と
皆さんが言ってくれるようになると嬉しいのですが
オランダといえばやはり風車とチューリップでしょうか?

netherlands-97830_640

オランダ土産ではよく木靴もいただいたりしますね。

さて、そんなヤラーが作られている国・オランダと日本との間に
古〜い条約があって、それが最近になって今だに有効だと確認されたというので
記事を読んでみました。

100年前の条約はまだ生きていた。オランダ大使館で聞いた日本人が知らない特権

日本とオランダの間で1912年に締結された日蘭通商航海条約
(The Treaty of Trade and Navigation between the Netherlands and Japan)というものがあります。
100年以上も経っている戦前の条約ですが、これが日本人がオランダで労働許可なく就労したり、
自由に事業をしたりする特権の根拠として有効とされたそうです。

社会の授業で「最恵国待遇」なんて言葉が出てきた記憶がありませんか?

オランダは日本を最恵国として扱ってくれるという100年前の条約が
今だに生きていたというのです。

この最恵国待遇を使えば、例えば、オランダに留学した学生が、
卒業した後にそのままオランダで就職するってことも可能になってきますよね。

ヨーロッパの中心部に位置するオランダは、ヨーロッパ各国へ行くにも便利です。

オランダ人は世界一位身長が高いと言われているので、
行ってみると、人々の大きさに驚くかもしれませんね。
(ヤラー社から当社を訪問してくれたオランダ人お二人も、2メートルにならんかという高身長でした)

ヤラーのペットフードは、オランダのオーガニックスーパーなどでも売られているそうです。
オランダに行かれた際はぜひ確かめてみてください。

オランダと日本は、実は特別な関係だったというお話でした。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

動物の誤食事故の原因となった危険物トップ10


こんにちは。獣医師の小林です。

前回、キシリトール入りガムに注意して!という記事を書きました。
チョコレートより犬にとっては毒性が強いので
何気なく部屋に置いておくというのはとても危ないですね。

さて、キシリトールガムだけでなく、家の中に潜む危険物。
こちらはASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)の統計データです。
同協会のアニマル・ポイズン・コントロール・センターに寄せられた電話相談の中で
2014年に最も相談件数の多かった危険物のトップ10がランキングで発表されています。

1位:人間用処方薬
その中でも特に多かった3つは、心臓の薬(特に降圧剤など)、抗鬱剤、鎮痛剤です。

2位:人間用市販薬
この中には6,900種類以上の異なる製品が含まれます。
このカテゴリーの事故が増加した背景には、ハーブやその他のナチュラルサプリメントなどの流行があるものと思われます。

3位:殺虫剤
昨年まで2位にランクした殺虫剤が3位にランクを下げました。問い合わせ全体の9.1%を占めます。

4位:家庭用品
洗濯用品、接着剤、ペンキなど、動物が近づくことができておもちゃにしたくるようなモノ。全体の8.1%.

5位:人間の食べ物
犬はキシリトール、ブドウ、干しぶどう、玉ねぎやニンニクが大好きです。
あいにく、彼らは1キロのブドウをたいらげたら救急治療室に行く羽目になることを知りません。

6位:獣医薬(動物用医薬品)
主に、非ステロイド抗炎症剤、フィラリア予防薬、関節用サプリメントなど。問い合わせの7.3%。

7位:チョコレート
1日に平均26件の電話があります。
特にイースター、ハロウィーン、バレンタインデーやクリスマスは、センターと動物病院にチョコレート関連の電話が殺到します。

8位:植物
室内の観葉植物など。猫の問い合わせが犬を上回る項目です。⇨「要注意の危険な植物」の記事はこちら

9位:殺鼠剤
昨年から順位を一つ下げましたが、犬や猫が誤食する可能性のある危険な薬剤の一つです。

10位:芝・園芸用品
ペットの手の届かない所に保管されていない、散布した薬剤が乾く前に芝生や庭に立ち入ることができてしまうなどの問題があります。

pills_1

飼い主さんの医薬品を誤飲してしまうことが多いという結果になっています。

特に犬や猫にとって危険な人間用の市販薬の成分は
NSAID(非ステロイド系抗炎症剤)のイブプロフェンやナプロキセンなどです。
風邪を引いた時にお世話になったことがあると思います。
犬猫には少量でもとても危険です。

同じく、一般的な鎮痛解熱剤の成分、アセトアミノフェンも注意が必要です。
アセトアミノフェンは特に猫に影響が強く出て、赤血球にダメージを与え酸素供給に支障をきたし、
効き目の強い薬剤だとたった1錠でも致命傷となることがあります。

5位にランクインした「人間の食べ物」のカテゴリーの中に、前回の記事で書いたキシリトールガムが入っているはずです。
chocolate
チョコレートも人間の食べ物のうちの一つですが、単独カテゴリーとして立てられるほど件数が多いということでしょう。

ペットは、思いの外手先が器用だったり、
興味を持ったものを手に入れるために執念を燃やしてしまうことも多々あります。

開けられるはずないと思う扉を開けてしまう猫ちゃんの動画を見たことがありませんか?

人間の不注意からペットが危険な目に遭わないよう
日頃から十分に注意をしていくことが大切ですね。

危険な”人間用の食べ物”と”植物”の詳細を、次回からのブログで引き続きご説明したいと思います。


  • ルシアン代表・すばる動物病院院長。栃木県生まれ。酪農学園大学獣医学部卒、獣医皮膚科学会所属獣医師。薬の長期連続投与より、ナチュラルケや予防医学に力を入れたいという思いから、メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト資格も取得。飼い主さんの良きアドバイザーになれるよう日々勉強中。趣味はスキーとテニス、時々ゴルフ。

中国産原料がペットの病気につながる?


前回の記事で、ペットフードの安全性に関する活動をされているSusanさんの記事
Antibiotic Resistant Gene a Concern for Pets and Peopleが、
小林先生の記事と同様の抗生物質の過剰使用への警告記事だったとご紹介しました。

Susanさんの違った観点からのツッコミが面白かったと書きましたが
ペットフード安全法をかいくぐって製造される『国産フード』が流通する日本で
面白かったー、では済まされない重要な内容なので、
もう一度検討してみたいと思います。

Susanさんの「抗生物質耐性菌遺伝子のペットや人への懸念」
Antibiotic Resistant Gene a Concern for Pets and People記事では、

彼女のこんな見解が紹介されています。

1. コリスチンは家畜及び獣医療現場で特に広範囲に使用されている抗生物質である→

2. 中国は世界一の養豚、養鶏大国で、大量のコリスチンを家畜に投与している→

3. コリスチンは腎臓及び尿路への副作用がある→

4. アメリカには中国産のペットのジャーキーが多く出回っている→

5. 中国産のジャーキーがペットの病気や死と関連しているのではないか

というものです。

Susanさんは、AAFCOの会議に出席されたり、
FDAにペットフードの安全性の確立を訴えたり、
ペットフードの安全に関する多くの活動をされています。

小さな家族であるペットに安全な食べ物を食べさせるべきだという立場にたっておられ
バイプロダクツや中国産の原料に対する注意喚起もされています。

中国産の原料は、アメリカだけでなく、日本でも多く使われています。

日本のペットフード安全法では、中国産の原料を使っていても
日本の工場で製造していれば『国産フード』と言っても問題ありません。

中国産原料なのに『国産』?って、なんだかスッキリしませんね。

実際にメーカーに電話をしてみたところ
「原料が中国産でも、日本で作られているものは、
ちゃ〜んと法律で”国産”と言って良いと認められているんですよ!(知らなかったの?合法なんですよね〜)」
という対応をされました。
実際、小麦やトウモロコシのほとんどを輸入に頼っている日本ですから、
(ペットフードになんでわざわざ数少ない国産の小麦や、国産のトウモロコシを使うんだ?!)
って、電話の対応相手は憤慨されていた様子でした。
たくさんのチキンやポークやビーフも中国から輸入されてきます。

ペットフード安全法では、原産国表示というのがあります。
完全な製品を日本に持ってきて詰め替えるだけでは適用されませんが、
ある程度加工されたものを日本で製品化したり
輸入原料を使って日本で製造すれば、原産国は「日本」になるのです。

大量の抗生物質のパウダーを混ぜた飼料が畜産現場では当たり前に使われています。
抗生物質をミックスすると、短時間で家畜を太らせることができるからです。
そして、不衛生な環境下でも病気になるのを防ぐ目的もあります。

中国は今や世界一の畜産大国となり、中国の養豚場や養鶏場では
抗生物質入りの飼料が今日も使われ続けていることでしょう。

抗生物質耐性菌の発現とともに、
危惧されるのは抗生物質が残留した肉を食べることのリスクです。

コリスチンは、腎臓や尿路への副作用が確認されています。
Susanさんが心配しているように、中国産の肉がペットの病気に結びついているとしたら?

コリスチンが残留しているかもしれない中国産原料が
飼い主さんが”安全性”を期待して買い求める『国産フード』に使われているのです。

健康リスクが心配される中国産原料を使って「国産フード」が作られている。
矛盾を感じ、裏切られた気持ちになるのは私だけでしょうか?

 


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

インフルエンザ流行宣言 気温と湿度とインフルエンザ


今年は暖冬と言われていましたが
さすがに冷え込みが増してきた今日この頃。

関東地方にも雪が降って、雪慣れしていない関東人と関東のインフラがあたふたするのも、
首都圏の鉄道の乱れがニュースになるのも、まあ毎年のことですね。

東京都がインフルエンザ流行宣言を出したと言うニュースを見ました。

例年に比べると遅い発表だそうです。
暖冬の影響ですね。

インフルエンザウイルスの活動は、気温と湿度に密接に関係しています。

G J Harepeらによるウイルスの生存試験によると
例えば、気温が20度の条件下で
湿度を20%程度にした場合と、50%程度にした場合、
6時間後のウイルスの生存率は
湿度20%の場合66%湿度50%の場合4%となっています。

気温を7度に下げると
6時間後のウイルスの生存率は
湿度20%の場合63%湿度50%の場合42%になります。

気温が高い方がウイルスが生存しにくい
また
湿度が高い方がウイルスが生存しにくい
ということが分かります。

冬場の暖房が入った室内の温度はおおよそ20度以上にはなっていると思われますので、
お部屋の湿度を50〜60%に保つのが良いということになりますね。

湿度計を持っている方はお気づきかと思いますが
暖房器具を使っている室内の湿度は、すぐに20%以下になってしまいます。

湿度を常に50%以上に保っておくのは結構至難の技です。

冬場に出張や旅行に行って、翌朝喉が痛くなることで
湿度の低さを感じたりしたことはありませんか?
私は、宿泊先で加湿器を借りられない時は、
寝る前に、水で濡らしたタオルをハンガーにかけておきます。
喉を乾燥から守り、ウイルスの動きを少しでも鈍くする苦肉の策です。

日本の冬は、一般的には乾燥して低温の環境ですので、
お部屋の湿度を50〜60%にキープすることが
インフルエンザや風邪の予防には最適です。

帰宅したらうがいと手洗いもお忘れなく!

—————————————————————-

実験室では、6時間経過する中で、
新たなウイルスが侵入する可能性はなかったと思われますが、
日常生活では、一つの部屋だけで生活することはまずありません。

人との接触があったり、衣服に付着したウイルスを家に持ち込む可能性だってあります。

加湿もできて菌もウイルスも真菌も退治できる
アクアリブ噴霧器で空間除菌をすると
ウイルスの生存率は6時間も待たずに0%になります。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

中国以外でもスーパー耐性菌発見で今後の医療は?


1月10日の小林先生のブログは
最強の抗生物質でも殺せない細菌」という
抗生物質の過剰使用に関する警告が話題となっていました。

獣医師として、抗生物質の投与には深く関わっていますから、
関心も深いのだろうと思います。

私は、アメリカのペットフードの安全性について活動している
Susanさんのブログを数年前から読んでいます。
メルマガの購読も登録しているので、時々メールでお知らせが届きます。

今日、タイムリーに、小林先生の記事と同じ内容のメルマガを受け取ったばかりで
Antibiotic Resistant Gene a Concern for Pets and Peopleという投稿を読みながら
少し興奮気味にこの記事を書いています。

もう一度おさらいしてみますが
世界最強と言われるコリスチンという抗生物質があります。
そのコリスチンですら殺すことのできないスーパー耐性菌が
中国の養豚場で発見されました。

昨年の11月18日にイギリスのThe Lancet Infectious Diseaseという医学雑誌に
中国で発見されたこの耐性菌はMCR-1という遺伝子を持ち、
いとも簡単にその耐性遺伝子を一般の細菌にも転写してしまうという報告が載りました

このスーパー耐性菌が全世界に広がったら、
抗生物質の使用で炎症を食い止め、命を救っている医療現場は大混乱に陥ってしまいます。

この中国で耐性菌が発見されたという記事は、
今や畜産大国となった中国の養豚、養鶏の現場で
抗生物質の過剰使用を考え直して適正な使用をしていかないと大変なことになるよ!
という警告の記事だったわけですが
思いの外早いスピードで、すでに南アジア、アフリカ、ヨーロッパの
少なくとも10カ国で同じ遺伝子を持つ耐性菌が見つかり
実はカナダでも発見されていたということがわかりました。

日本やアメリカではまだ発見の報告は無いようですが、
(そもそも日本の中央官庁でこれを問題視しているかどうか分かりませんが)
カナダでも見つかっているのであれば、いつどうなるかは全く分かりません。
EUはすでにガイドラインの更新を行ったようです。(2016.1.11)

私はどうも薬が嫌いで、何とか他の方法で対処できないか、と
いつも考えてしまうのですが、
抗生物質もステロイド剤も、適正に使用されれば本当に素晴らしい薬です。
抗生物質発見以前の世界に逆戻りしたら、感染症の猛威に怯える日々が待っているということになります。

「念のため抗生剤も出しておきました」という人間の医療現場も
早く太らせて感染症も防ぐたために飼料に抗生物質添加の畜産現場も
使用法を改めないといけない時期に来ているのかもしれません。

pandemic

今回のSusanさんの記事
Antibiotic Resistant Gene a Concern for Pets and Peopleは、
また違った切り口からのツッコミがあって面白かったのですが
彼女の見解は

コリスチンは家畜及び獣医療現場で特に広範囲に使用されている抗生物質である→

中国は世界一の養豚、養鶏大国で、大量のコリスチンを家畜に投与している→

コリスチンは腎臓及び尿路への副作用がある→

アメリカには中国産のペットのジャーキーが多く出回っている→

中国産のジャーキーがペットの病気や死と関連しているのではないか

と言うものです。

日本のペットフード安全法では、中国産の原料を使っていても
日本の工場で製造していれば『国産フード』と言っても問題ありません。

コリスチンが残留しているかもしれない中国産原料が
多分飼い主さんが”安全性”を期待して買い求める『国産フード』に使われていたら
裏切られた気持ちになりませんか?

そして、それが原因で小さな家族が病気になったり、死んだりしたら?
悲しみを通り越して、怒りを感じるかもしれません。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

キシリトール、犬にはチョコより危険!!


こんにちは。獣医師の小林です。

犬や猫に与えてはいけない食品に関しては後ほど詳述するとして、
昨年(2015年)末のWALL STREET JOURNALの記事を
まずはご紹介してみようと思います。

記事によると、
アメリカ・ノースカロライナ州に住むコックスさんの愛犬
ラブラドゥードル(プードルとラブラドール・レトリバーの交配犬種)のマーフィーが
テーブルの上にあったガムを足で叩き落として、20個ほど食べてしまったそうです。

しばらくしてマーフィーは吐き始め、その後、昏睡(こんすい)状態に陥り、
地元の動物病院で肝不全と言い渡されます。

みんなでお別れを言うようにと言われ、
子供達と一緒にマーフィーを抱いて泣いたコックスさんでしたが、
幸い三回の血漿輸血をしてマーフィーは復活します。

マーフィーを死の淵まで追いやった犯人はキシリトールでした。

キシリトールは、人間のガムによく使われているのを見たことがあると思います。
虫歯予防の効果を示す研究を挙げるガムメーカーもあるようです。
xylitolgum

人間が食べても安全とされていますが犬には非常に有害で、
犬に食べさせてはいけないことで有名なチョコレートの100倍もの毒性があるといいます

ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)のペット・ポイズン・ヘルプラインの
アナ・ブルトラーグ博士は、キシリトールに関する電話が「劇的に増えている」と警告しています。

ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)は、2004年にキシリトール関連で82件の電話を受け、
その年に初めてキシリトールに関する注意警告を発しました。

その後キシリトール関連の中毒事故は増加の一途をたどり、
2014年には3727件の電話があり、少なくとも11匹が死亡したそうです。
報告されていない事故も多いとみられ、実際の中毒事故はこれより多いと推測されます。

キシリトールは植物から採取される糖アルコールの一種で、
人間は耐性がありますが、犬が摂取すると急激にインスリンが分泌され、
低血糖症状を引き起こし、発作や脳障害につながる恐れがあります。
重篤化すると肝不全の危険もあり、最悪の場合死至ることも。

博士によれば、キシリトールは同センターのスタッフが対応する食中毒の中でも最も危険な部類に入るが、
「キシリトールについて聞いたことがない」、あるいは、
「この無害な普通の甘味料がペットの毒になり得ることを知らない」犬の飼い主は依然多いとのことです。

image

身近にあるガムで愛犬を危険な目に遭わせることのないよう、
キシリトール入りガムは、きちんと管理する必要がありそうです。

どうか皆さんも、キシリトールのガムを買った時は、
思わぬ事故が発生しないよう十分に注意して、
愛犬の手の届かない所に厳重にしまっておいて下さい。


  • ルシアン代表・すばる動物病院院長。栃木県生まれ。酪農学園大学獣医学部卒、獣医皮膚科学会所属獣医師。薬の長期連続投与より、ナチュラルケや予防医学に力を入れたいという思いから、メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト資格も取得。飼い主さんの良きアドバイザーになれるよう日々勉強中。趣味はスキーとテニス、時々ゴルフ。

抗生物質と耐性菌-その3(抗生物質が人も動物も太らせる?)


こんにちは。獣医師の小林です。

風邪の原因はウイルスがほとんどなのに抗生物質が処方される話と
抗生物質の使いすぎが耐性菌を生んで、抗生物質が菌に対抗できない日が来るかもというお話をしました。

中国で発見されたスーパー細菌は、養豚場で見つかっています。
主に動物に使われる最強の抗生物質「コリスチン」まで効かなくなって大騒ぎとなった訳ですが、
何故そんなにも多くの抗生物質が家畜に使われるのでしょうか?

家畜に抗生物質が使用されるようになったのは1948年で
テトラサイクリン系のオーレオマイシンという抗生物質が最初だと言われています。
テトラサイクリン系の抗生物質は値段的にも安価で、対応範囲が広いことから
畜産の分野で広く使われるようになりました。

ひよこや子豚に抗生物質入りの飼料を食べさせるとより早くより大きく育つことから
抗生物質入りの飼料は、安価な肉を供給するために必須の飼料となっていきました。

オーレオマイシンが使われ始めた1950年代は、
大きいことは良いことだという風潮が大勢を占めていた時代です。
大きく育つ家畜がもてはやされた訳です。

当時、どうして抗生物質が家畜を太らせるのかといメカニズムを気にした人はいなかったといいます。

1980年に、家畜飼料に混ぜられる抗生物質パウダーのあまりの多さと
それが家畜を太らせていくことに驚いたニューヨーク大学のブレイザー教授は、
数年をかけて抗生物質とマウスの成長に関する研究をしました。

そこから導かれてきたのは、腸内細菌と肥満との関係性です。
抗生物質が有用な細菌までも殺してしまうことが肥満の原因になっているのではないかと考えた訳です。

ブレイザー教授の著書「失われてゆく、我々の内なる細胞」の中にこのような記述があります。

19世紀に始まる細菌学によって、人類は微生物が病原になりうることを知った。
そしてカビに殺菌力が見出される。抗生物質の発見である。
以来この薬は無数の命を救う一方、「念のため」「一応」と過剰使用されてきた。

これは、抗生物質は仮に治療に役立たなくても「害」は及ぼさない、という前提に基づいている。

しかし、それが間違いだとしたらどうなのか――。

抗生物質の過度の使用は、先の記事でも書いたとおり
耐性菌を生む結果となりました。

そして、家畜を太らせるだけでなく
人間の肥満の原因因子にもなっているのです。
(動物が太るのですから、人間が太るのも当然ですね)

ブレイザー教授は
『今日の米国人が体内に保有している細菌の種類は、抗生物質にさらされる機会が少なかったアマゾンの原住民のそれの3分の2ほどでしかない。』
と言っています。

そして、食欲の調整を手助けする腸内細菌が、人間の体内から減っていることに
大きな懸念を抱いているといいます。

抗生物質は感染症から人類を救う夢のような薬でした。
しかし、それは「適正」に使用していればこその話です。

肥満やオーバーウエイトは、アメリカをはじめとした先進諸国の大きな社会問題となりつつあります。
「一応、念のため」と抗生物質を過度に使用することで腸内細菌を殺し、その結果肥満を招く。
さらに、家畜に大量投与された抗生物質が食肉に残留して
それを食べることで抗生物質を体内に取り込んでいるという悪循環もあると思います。

私たちにとって身近になった薬=抗生物質の使用について
真剣に考え直さないといけない時期にさしかかっているように思います。

kusuri_ippouka

「失われてゆく、我々の内なる細胞」
著者のマーティンJ・ブレイザーは、ニューヨーク大学の微生物学教授。
『タイム』誌によって、2015年の「世界で最も影響力のある100人」のひとりに選出されました。

抗生物質の使用を減らす========豆 知 識 =======

抗生物質の代わりにアクアリブを使う
⚫️ペット編
わんちゃん、ねこちゃんも風邪を引きます。
犬の場合はケンネルコフと総称され、猫はアデノウイルスなどの感染で症状が出ます。

犬や猫の場合もウイルスが原因として引き起こされる症状が多く、
抗生物質の投与は効果がない場合が多いと言えます。

万一ペットが感染してしまった場合は、喉に直接アクアリブをスプレーしてみましょう。
猫ちゃんの場合は、一人では難しいかもしれませんので、二人組みになってやると良いでしょう。
グッと大きく口を開けて、サッとスプレー。
長引かせずに一瞬で済ませてしまうのがコツです。
ペットの口腔にスプレーのノズルが接触した場合は、コットンなどに含ませたアクアリブで拭き取っておくのを忘れずに。
一日数回スプレーしてあげると良いですよ。

⚫️飼い主さん編
犬や猫と違って、うがいや手洗いができる飼い主さんは
帰宅したらすぐに、10倍希釈のアクアリブでうがいをして
石鹸で手を洗った後に、アクアリブを手指にスプレーしてください。

コバルトボトルを持ち歩いて、出先では喉に直接スプレーしてしまうのも良いですね。

家族の誰かが感染してしまった時、他の人にうつらないようにするために・・・
受験生や高齢者がいて、外からのウイルスをシャットアウトしたいとき・・・
こんな場合は噴霧器によるお部屋丸ごとの空間除菌がオススメです。

※アクアリブは細菌だけでなく、ウイルスや真菌に対しても効果が確認されています
※アクアリブは耐性菌を発現しにくい除菌ができます


  • ルシアン代表・すばる動物病院院長。栃木県生まれ。酪農学園大学獣医学部卒、獣医皮膚科学会所属獣医師。薬の長期連続投与より、ナチュラルケや予防医学に力を入れたいという思いから、メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト資格も取得。飼い主さんの良きアドバイザーになれるよう日々勉強中。趣味はスキーとテニス、時々ゴルフ。

ブドウは皮ごと食べるのがフツウ?


日本の果物は本当に美味しいです。

前回も日本のイチゴが美味しいと書きましたが
イチゴだけではありません。
日本のブドウは甘いし、ジューシーだし、思い出すだけで垂涎ものです。

日本に留学していたことのあるアメリカ人のイケメンくんが
会うたびに「Kyoho Grape(巨峰)が食べたい!」という気持ちがよく分かります。
kyohogrape

巨峰などの大粒の品種だけでなくデラウエアなどの小粒のものも
日本のブドウは皮ごと食べることはしませんよね?

昔、ドイツ語を教えてくれていたドイツ人の先生が、ブドウを皮ごと食べたのを見て、
思わず、「ドイツではブドウは皮ごと食べるの?」と聞いたことがあります。
私の未熟な人生経験の中で、
人がブドウを皮ごと食べたのを見た初めての経験でした(ちょっと大げさ 笑)

アメリカでもブドウは皮ごと食べます。
皮ごと食べるというか、皮離れが悪くて皮を残して食べるのは無理です。
その国で流通しているブドウの品種によって食べ方も変わってくるのでしょうね。

カリフォルニアで売っているのはこんな形状の細長い品種がほとんどで
巨峰の粒に比べると細長い形状で、触った感触はかなり硬いです。
image
皮ごと食べるのでやはりオーガニック表記のあるものが安心です。
それでもかなり真剣に洗ってからいただきます。

近くのスーパーで売っているAntonyという農場のオーガニックブドウは
糖度が高く、他の生産者ものと比べて粒も大きめで美味しいのでお気に入りです。
image
上の写真のように赤い品種と
マスカットのように色素がなくて熟しても白い品種があって
どちらもオーガニックのものが手に入ります。
image
イチゴの慣行栽培の農薬使用回数が多いことを前回の記事で書きましたが
ブドウも消毒必須なのは、昔父がブドウ棚を作っていたのでよく分かります。
オーガニック栽培するのはさぞ大変だろうな、とファーマーの苦労を察しつついただきます。

時々オーガニックのものが手に入らずに、表記のないブドウも買うことがありますが
化学薬品(多分農薬?)の匂いがして、食べるのをためらいたくなることがあります。

オーガニックの農産物だけ食べるのは色々な意味で難しいことだと痛感します。

GMOが横行するアメリカで、食について考えていると、
ヤラーのフードが、現在はドイツ、フランス、オランダ、ノルーウエー、フィンランドの
5カ国でオーガニック認証を取得したのは、すごいことだと改めて思います。

さて、ここでブドウのトリビアをご紹介しましょう。

一年間に収穫される果物の収穫量全体の40%を占めるのがブドウだそうです。

でも、生食用のブドウはそのうちのたったの20%で、
大部分を占める残り80%はワインに加工されるのだそう。

主な生産国は、中国、アメリカ、イタリア、フランス、スペイン。
ワイン生産で有名なイタリア、フランス、スペインで多く生産されているというのもうなずけますね。
アメリカもカリフォルニアワインの知名度が上がっています。

一位の中国というのは意外な感じがしなくもありませんが、
中国のブドウも、きっとどこかでワインに加工されているのでしょうね。
原料の産地までは表示されないので、フランスワインに化けているかも?

ペットフードは、中国産の原料を使っても「国産」と言えちゃうのですが
人間の口にする食品も、原料の産地まで厳密に追跡できるものは少ないかもしれません。
(オーガニック原料はトレーサビリティーという生産者の追跡が可能です)

多分私はアルコール分解酵素を持たない部類の人間のようで
少量のお酒でも酔っ払いになれるので、cheap drunkerと呼ばれます。
ですから、ブドウも生で果物のまま食べる方が好きです。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

日本のイチゴが恋しい


ルシアンの事務所がある栃木県は、「とちおとめ」という名前のイチゴが有名です。
イチゴの収穫量では日本一を誇ります。

収穫量で第2位の福岡・博多のあまおうに王座を奪われてはならじと、
最近新しい品種も開発されました。

スカイベリーという名の大粒の新種は、
まだ一般にそれほど出回っておらず手に入れるのが困難でお値段も高めです。

私は、果物の中でイチゴが一番好きで、
買ってきた1株の苗から伸びてきたランナーを大事に育てて、庭でイチゴ栽培していました。
image

素人栽培なので、大きさもまちまちで形もイマイチですが、甘くて美味しいイチゴです。
本当はもっとたくさん収穫できれば嬉しいのですが・・・・。
何故かといえば、イチゴは消毒の回数が多い果物と言われていますからね。
image

静岡県のデータでは、ハウス栽培のイチゴの平均農薬散布回数は54回だそうです。
同じくトマトが54回、その次に多いのがきゅうりの40回でした。

私が住んでいる地域は、カリフォルニアの中でもイチゴ栽培が盛んな土地です。
ただし、日本のようにハウス栽培ではなく、イチゴは路地にそのまま植えられて育っています。

日本ではオーガニック表示のあるイチゴはあまり見かけなかった私ですが
カリフォルニアでは、ちゃんとオーガニックの表示があるイチゴも売られています。
オーガニックの表示がないイチゴと比べると、1パックあたり1.5〜2ドルくらい高いお値段になります。
image

イチゴ大好きな私としては、毎日でもイチゴを食べていたいのですが
アメリカのイチゴは日本のように甘くて美味しいものが少ないです。
(時々甘いオーガニックイチゴに出会うこともありますが、時々です。)

ですから、ケーキを作ったりして、クリームと一緒に食べれば美味しくいただけます。
image
これは、娘が作ったニューイヤーケーキです、
グルテンフリー実践中の我が家は、ケーキは米粉で作ります。

美味しいイチゴがないのは、アメリカだからしょうがないよねぇ、なんて不謹慎にも思っていたら、
イチゴの原産地は北アメリカと南アメリカでした。
イチゴの生まれ故郷はアメリカだったんですね。

本家本元のイチゴを追い抜いて美味しく改良してしまう
日本人の意欲と技術に感心してしまいます。

私の大好きなイチゴが安心して食べられるよう、
願わくば、日本でもオーガニック表示のイチゴが増えるか、
慣行栽培の農薬使用量が減ったらいいなぁと思います。
skyberry

ちなみに、イチゴはバラ科の植物で
表面についているブツブツが、厳密にはイチゴの「果実」で、そのツブツブの中に種が入っています。
私たちが美味しくいただいているのは、めしべの土台となる「花床・花托」が肥大したものだそうです。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

孤独は体に悪い?


日頃「孤独感」を感じている人は、早死リスクが高くなるという研究が発表されました。

シカゴ大・心理学・行動神経科学科のジョン・カシオポ教授らが
アメリカ科学振興協会/AAASで行った研究発表[Loneliness is a major health risk for older adults]によると、
日頃孤独感を感じている高齢者の早死リスクは、
人間関係に満足して暮らしている人と比べると、14%高くなるそうです。
孤独感による早死リスクは、肥満による早死リスクの2倍に相当するといいます。

孤独感はストレスホルモン(コルチゾール)の分泌を増やし、
血圧や血糖値を上昇させ、炎症リスクを高め、
反対に免疫機能を低下させてしまいます。

それぞれの個人が感じる「孤独感」を定義するのはとても難しいことです。
一人で暮らしていても、社会的繋がりを保ち寂しさを感じることなく
孤独感の影響を全く受けずに過ごしている人もいるでしょうし、
家族と一緒に住んでいたとしても、孤立感や孤独感を強く持っている人もいるでしょう。

要は、物理的に一人でいることが孤独ではなく、
心情的に感じる寂しさが孤独という定義で研究が発表されていると思います。

私たち犬猫好きの人間は、常に犬や猫たちと触れ合って、
体温のぬくもりを感じて日々を過ごしていますね。

いつもそばに居てくれる存在があるということは、
心理的な安心感と満足感につながり、孤独感を遠ざけてくれるものだと思います。

小さな家族が居てくれてくれることは、本当にありたいたいことだなぁと思います。
image

改めて犬たち、猫たちに感謝をしたい気持ちになりました。
image

ジョン・T・カシオポ プロフィール
ノートルダム大学、アイオワ大学、オハイオ州立大学などで教鞭を執り、現在はシカゴ大学ティファニー・アンド・マーガレット・ブレイク殊勲教授。科学的心理学会元会長。認知・社会神経科学センター所長。「社会神経科学」の創始者の一人。全米科学アカデミー・トロウランド・リサーチ賞、アメリカ心身医学会パトリシア・R・バーカス賞、アメリカ心理学会殊勲科学貢献賞ほか多数受賞。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

異常気象-2 北極にまで及ぶエルニーニョ


異常気象−1で書いたように、
年末には極度の乾燥で山火事が発生し、
新年を迎えたと思ったら洪水警報のカリフォルニア。

カリフォルニアに洪水をもたらしているのは
エルニーニョが原因と言われています。

気象庁の説明によると
『エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米
のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に比べて高くなり、
その状態が1年程度続く現象です。』
とあります。
el-nino-july-2015

エルニーニョは上空の空気も温め、太平洋上の気流の流れが変わり
カリフォルニアをはじめとする米西部で暴風雨が発生します。

今年のエルニーニョは、1997年の最強と言われたレベルに達する恐れがあるとの見方もでており
2016年の冬から春まで続く可能性が高いと予測されています。

日本も例年になく暖かなお正月を迎えました。
この暖冬は日本だけにとどまらず、ニューヨークでも極度の暖かな冬を迎えたと言います。

そしてこの暖冬の影響が、何と北極圏にまで及んでいるといいます。

北極圏は通常の平均気温はマイナス25度〜マイナス30度くらいです。
それが昨年末には、マイナスではなく0.71度まで上がったというデータが発表されています。
北極圏で氷点下にならない気温なんて、真夏にしか観測できない数値だといいます。
polabare

北極の氷が溶けて、ホッキョクグマの生存が危ぶまれていると言われて久しいです。
温暖化がますます進んだら、しろくまたちはどうなってしまうのでしょうか?

余談ですが、南極にはしろくまはいません。
南極は北極より寒いからだそうです。

北極の平均気温はマイナス25度〜マイナス30度くらいと先ほど書きましたが
南極の平均気温はマイナス50度からマイナス60度。
南極は寒すぎて、ホッキョクグマだけでなく、ウイルスも存在しません。
だから南極では風邪を引きません。

地球温暖化に異常気象。
問題山積の宇宙船地球号です。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

抗生物質と耐性菌-その2 (最強の抗生物質でも殺せない細菌)


こんにちは。獣医師の小林です。

今回は、前回の風邪の原因の9割がウイルスの話から
抗生物質の過度の使用が生んだ耐性菌についてお話しします。

2015年11月19日に
イギリスの医学雑誌「The Lancet Infectious Disease」に
新しいスーパー細菌が中国で発見されるという発表が掲載されました。

「New “Superbug” Gene Found in Animals and People in China」
[Scientists alarmed by potential spread of gene that makes bacteria highly resistant to last-resort antibiotics]

中国の養豚場で発見されたこのスーパー細菌は、
MCR-1という遺伝子を持ち、最強の抗生物質と言われる”コリスチン”も効かないため
記事には、「最後の砦の抗生物質に耐性を持つスーパー細菌遺伝子の拡大に科学者が警鐘を鳴らす!」という
副見出しが付けられました。

コリスチンは、主に動物用に使用される抗生物質です。
腎臓に害を与えることがあるとして、日本では1970年代に人には使われなくなりましたが、
最近注射製剤が再認可となり、既存の薬剤では期待できない感染症に対する最終救済薬として使われています。

世界有数の豚肉、鶏肉の生産国である中国では、家畜の飼育の際に
過度のコリスチン投与が行われていたため、
コリスチンに耐性を持つスーパー細菌の発生を招いたと考えられています。

そして、今回発見されたスーパー細菌は、他の細菌との間で
いとも簡単に、短時間に遺伝子の交換を行うことができるといいます。
すべての細菌が、このスーパー細菌と同じ遺伝子を持ったら?

上述の医学誌・Lancetへの報告書の共同研究者である、
カーディフ大学の教授ティモシー・ウォルシュ博士が、
BBCニュースのインタビューに答えてこのように言っています。

「抗生物質の使用を見直さないと、耐性菌は今後どんどん増えるだろう。
抗生物質で感染症を食い止めていた時代が終焉する。」

こちらは、2050年までに耐性菌が増えたために感染症で死亡する人の予想数を表示した地図です。
antibiotics-death
2050年に耐性菌が原因の死者が一千万人を超える?
これが現実となったら本当に恐ろしいことですが、可能性は否定できません。

家畜用抗生物質は、家畜を早く太らせるため、また不衛生な過密状況下で病気を防ぐために使われています。

人間への処方は、抗生物質が効かないウイルス性の風邪の際にも行われています。

過度の抗生物質の使用がもたらす甚大な影響は
細菌を抗生物質で殺せない世界、抗生物質を持たなかった時代への逆行を意味します。

抗生物質の無い未来は、単に指を切っただけでも命取りとなるかもしれません。
抗生物質に大いに依存する外科手術の分野では大問題です。
女性にとって、再び出産が命がけの大事業となってくるでしょう。

獣医学においても、殺処分ゼロの推進においても大きな痛手となってきます。
避妊・去勢術が命をかける大手術となりうるからです。

今回のスーパー細菌(Superbug)発見の報告を
医学界も獣医学界も重く受け留めて
抗生物質の使用を見直さ無いといけないと痛感しています。

抗生物質と耐性菌ー
次回は「抗生物質が人も動物も太らせる?」について考えてみます。

抗生物質の使用を減らす========= 豆 知 識 =========

抗生物質の代わりにアクアリブを使う
⚫️ペット編
わんちゃん、ねこちゃんも風邪を引きます。
犬の場合はケンネルコフと総称され、猫はアデノウイルスなどの感染で症状が出ます。

犬や猫の場合もウイルスが原因として引き起こされる症状が多く、
抗生物質の投与は効果がない場合が多いと言えます。

万一ペットが感染してしまった場合は、喉に直接アクアリブをスプレーしてみましょう。
猫ちゃんの場合は、一人では難しいかもしれませんので、二人組みになってやると良いでしょう。
グッと大きく口を開けて、サッとスプレー。
長引かせずに一瞬で済ませてしまうのがコツです。
ペットの口腔にスプレーのノズルが接触した場合は、コットンなどに含ませたアクアリブで拭き取っておくのを忘れずに。
一日数回スプレーしてあげると良いですよ。

⚫️飼い主さん編
犬や猫と違って、うがいや手洗いができる飼い主さんは
帰宅したらすぐに、10倍希釈のアクアリブでうがいをして
石鹸で手を洗った後に、アクアリブを手指にスプレーしてください。

コバルトボトルを持ち歩いて、出先では喉に直接スプレーしてしまうのも良いですね。

家族の誰かが感染してしまった時、他の人にうつらないようにするために・・・
受験生や高齢者がいて、外からのウイルスをシャットアウトしたいとき・・・
こんな場合は噴霧器によるお部屋丸ごとの空間除菌がオススメです。

※アクアリブは細菌だけでなく、ウイルスや真菌に対しても効果が確認されています
※アクアリブは耐性菌を発現しにくい除菌ができます


  • ルシアン代表・すばる動物病院院長。栃木県生まれ。酪農学園大学獣医学部卒、獣医皮膚科学会所属獣医師。薬の長期連続投与より、ナチュラルケや予防医学に力を入れたいという思いから、メディカルハーブ協会・ハーバルセラピスト資格も取得。飼い主さんの良きアドバイザーになれるよう日々勉強中。趣味はスキーとテニス、時々ゴルフ。

馬は公道を走って良いの?(カリフォルニアの交通ルールから)


高速道路に動物を捨てたり置き去りにすると罰則・罰金があり
それが安すぎるという娘の不満を前回の記事でを書きました。
(アメリカでの話です。日本の規則をご存知の方がいたら教えて下さい!)

私が住む町は、アートとテニスとオーガニックが有名な町ですが
馬も有名です。
至る所に牧場があり、馬をたくさん見かけますし、
人々は小さい頃から乗馬に親しんで育ちます。
image

ちなみにアメリカ人に、日本では馬肉を食べるという話をすると大変不評です。
馬は友達でしょ!?みたいな反応をされます。
牛は喜んで食べるくせに、馬はダメというのはどうして?と、理解に苦しむところですが
日本人にしてみたら、犬を食べる中国や韓国の文化も理解し難い訳であって
まあ、お互い様なのかもしれません。
そういった文化の違いが、捕鯨への強硬な反発として表面化していたりしますよね。

動物愛護を究極に進めていったらベジタリアンになるしかないのかなぁと思ってしまいますが、
じゃあ、植物は殺してもいいの?と突っ込んでいくと、
もう私達生きていけません。

命をいただくのですから、余計に殺生するのではなく、
必要な分だけを感謝してありがたくいただくことが大切なのかもしれません。

アメリカでは、オーバーウエイトの人が本当に多いと感じます。
オーバーイーテイングと栄養不足が原因ではないかと思います。
ショッピングモールのフードコートは、ファストフードばかりだし、
レストランで一人分として出てくるポーションは私達日本人の予想を遥かに上回る量です。

栄養不足や肥満を身近で肌に感じ取れる毎日の中で、
「可能な限り質の良い食べ物を適度にいただく」
それができたらいいなぁと思う私です。

ただ、そんなことすら、工業化された畜産や農耕の環境下では
至難の技となりつつあるのも否めない事実です。
そして日本も大量の食品廃棄国家になっています。

馬の話から少し逸れました。

さて、先日見かけたこの風景
image
馬が車と道をシェアしています。
果たして馬は車と同じように道を使っても許されるのか?

この町には馬や自転車やウオーキング・ランニング用のトレイルが整備されています。
9.3マイルの専用道路ですからかなり充実した長さです。
ojai-trail2
近くにはもう一つ5.5マイルの長さのベンチュラリバートレイルというのもあります。
そんな専用のトレイルがあるんだから、馬はそこで乗るんじゃないの?というのが
私達の正直な感想でした。

自転車やオートバイは車と道路をシェアする同等の権利があると謳っている交通ルールハンドブック。
それは日本の常識とも一致するので分かります。

じゃあ馬はどうなの?

馬に引かれた車や、馬又はその他の動物に乗っている人は
自動車と道路をシェアする権利を与えられています。
という記載がありました。
車のドライバーは、動物を脅かしたり暴走させたりしないよう、
必要があればスピードを落としたり停止することが求められています。

馬に乗って公道を通ってもいいんですね。
image

ところで、日本では馬も道路を走って良いのでしょうか?


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

動物を高速道路に放置する罪の重さ(カリフォルニアの交通ルールから)


カリフォルニアの運転免許を取ろうと、
ドライバーズハンドブックなるものを手に入れました。

ハンドブックには、基本的な交通規則や
飲酒運転に関する罰則規定などが載っています。

交通規則というのは基本的に、常識と良心で成り立っていると思うので
日本とアメリカで大きく違いはないでしょ〜、という認識でしたが
時々面白い記述に出くわします。

ハンドブックに記載の罰則規定について話していたら
「え〜、その罰金安すぎ〜!」と娘が叫んだ内容が今回の話題です。

どんな内容の記載かは後述するとして、まずはユニークな交通規則についてお話します。

カリフォルニアでは、ほとんどの交差点で赤信号でも右折ができます。
もちろん赤信号ですから優先権は対面交通道路にあるので、安全を確認した上で、ですが。
(車は日本と逆の右側通行なので、日本だと左折する感じです)

知らないで停止しているとクラクションを鳴らされます。
ただしこの標識がある所では、信号が青になるまで右折できません。
traffic-redlight

これは踏切のマーク(Railroad Crossing)
日本では踏切手前での一時停止と窓を開けての左右確認が義務付けられていますが
アメリカやカナダでは踏切で停止する必要はありません。
急に止まると逆に追突される危険があります。
traffic-RR

ワイルドライフが人間の居住地域近くに出没しますから、この類の標識は多いです。
traffic-deer私も、鹿を轢きそうになりました。鹿ならまだ可愛いです。
娘の学校は山の上に建っていてコヨーテやクマが出没します。
だから標識も鹿ではなく熊が描かれています。

では、本題の罰則規定ですが
ハンドブックの最後の最後の方の「追加の交通法と規則」というカテゴリーの中に
”決してしてはいけないこと”という項目があって
その中に
「高速道路に動物を遺棄したり放置してはいけない。
この規則に違反した場合、$1,000以下の罰金又は6ヶ月以下の拘置、
もしくはその両方が課せられる」

と記載されています。

多分細かな追記補足的な項目なので試験には出ないと思います。

娘の言い分は
「高速道路に犬や猫とか動物を置き去りにしたら、きっとその子は轢かれて死ぬでしょ。
 だから放置した人だって死ぬべきじゃん」
というものです。
1,000ドルで許されるものではないという主張です。
あなたはどう思われますか?

しかし、こんな記載があるってことは、それをやっちゃう人がいるってことなのかな?
日本の交通法規にこんな記載はあるのでしょうか?

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ちなみに、アメリカで免許を管理しているのは
DMV(Department of Motor Vehicles)と呼ばれるオフィスです。
車の国アメリカらしく今年で創設100年になるそうです。

移民の国アメリカですから、他国言語のハンドブックも用意されています。

英語の他にスペイン語、アラビア語、アリメニア語、中国語、韓国語、
Farsi語(イランなどの中東の言葉のようです)、
パンジャブ語、ヒンドゥー語(この二つはインド・パキスタン方面の言葉でしょうか)
ロシア語、タガログ語、ベトナム語がありました。
昔は日本語バージョンもあったらしいですが、なくなってしまったらしいです。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

お店の看板猫さんに聞く、クリスマス飾りはいつまで?


日本では、クリスマスが過ぎると、
即座にクリスマスデコレーションが片付けられ
お正月を迎える迎春ムードに切り替わりますが、
アメリカではHappy New Year!となっても
クリスマスが居座り続けます。

新年を迎えたショッピングモールも
クリスマス時期となんら変化がありません。
image

駐車場の飾りもクリスマスのままで新年を迎えました。
image

馬具とか馬用のトリーツとか馬用のシャンプーが売っているこのお店。
(壁に並んでいるのは、一体どういう目的で使う道具なのか、私にはサッパリ分かりません。)
image

一月になってもやはり店内はクリスマスの装飾が残ったまま。
image

「アメリカ人は面倒くさがりやだから片付けないの?」

お店の看板猫さんに聞いてみました。
image

アメリカでは、日本のような新年を祝う特別な習慣がありません。

『カトリックの教会では、公現祭(1月6日)までクリスマスが続き
それが終わったらツリーや飾り付けを外すのが一般的なんだよ』

成る程、単にものぐさで
面倒くさかった訳ではないようです。

image

めんどくさいのはお前の方だ!
とでも言いたげに、猫さん、ストーブの前で丸くなってしまいました。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

異常気象-1 山火事と洪水


今年のお正月は例年になく暖かかったようですね。

ルシアンは栃木県南部にある会社ですが、栃木県の北部は毎年たくさんの雪が降ります。
奥日光や鬼怒川、那須、塩原など、温泉で有名な地名をご存知の方も多いかと思います。
そんな雪深い地域ですら、今年は雪がなく一部のスキー場は閉鎖されたままだそうです。

私の住むカリフォルニアは、今大干ばつに喘いでいます。
深刻な水不足で州知事から水の使用制限勧告が出され、
植物への水やりは週に3回夕方に少しだけとか
洗車は禁止で庭で車に水なんかかけていたら警察に通報されてしまいます。
(アメリカ人は車が汚れていても凹んで傷がついてもあまり気にしない?ようですが)

冬はどちらかといえば雨が降りやすい時期のようで
火事が発生するシーズンではないとのことでしたが
昨年末の12月26日には、すぐ近くで大規模な山火事が発生しました。
fire-ventura
もう長いこと雨らしい雨は降っていませんので、火はみるみるうちに燃え広がったようです。

ロサンゼルスからサンフランシスコへ続く幹線道路のフリーウエー101号線のすぐ脇まで火が迫ってきて
危うく逃げ遅れそうになったというドライバーがインタビューに答えていました。
fire-ventura2
画像を見ると、緑の高速の案内表示板が燃え焦げているのが分かります。

そうかと思えば、今朝は「洪水警告」のスマホのアラートに震え上がりました。
日本では、地震が発生する前に携帯が警報音を鳴らしますよね?
え?あれと同じ?と思うと、ちょっとしたパニックに陥る感じでした。
外は大雨と雷鳴と稲光で恐怖感満載でした。

ウチからは車で1時間半ほど離れた場所ですが、ロスの市内では
フリーウエーが川のようになってしまっています。
flood-freeway

この間火事が発生した場所が、今度は鉄砲水で土砂が流れて来ています。
flood-ventura

アメリカの国土は広大ですから、ある所では大雪になり、別の所では大雨になりと
地域によって起こる自然災害はまちまちですが
今は全国土でエルニーニョ現象による被害が起きています。

日本の暖冬も異常気象の影響でしょうか?

こちらに来て痛切に感じるのは、日本の四季の美しさです。

春には桜が咲き、初夏には若葉が萌え、少しうっとおしいけど豊かな水をもたらす梅雨を過ぎ
抜けるような青空が広がる夏から、紅葉の秋を経て、雪や北風が肌に冷たい冬がやってきます。

こんな季節の移ろいを毎年肌で感じているから、日本人の感性は豊かに磨かれていくのだろうと思います。
それは食文化にも顕著に表れていて、今世界で日本食がブームとなっているのもうなずけます。

美しい日本の四季が異常気象で失われることのないよう祈るばかりです。
image
<<2015年4月 足利 鑁阿寺の五重塔と桜>>


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

空港で活躍する動物たち


お健やかに新年をお迎えのことと存じます。

年末・年始のお休みに空港を利用された方もいらっしゃるかと思いますが、
ここロスアンゼルス国際空港には、Pet Unstressing Passengersというプログラムがあります。
pup-logo
長旅をして疲れた乗客を癒すためにセラピードッグたちがお出迎えしてくれるサービスです。

訓練されたわんちゃんたちが、ハンドラーの方と一緒に空港内を巡回しています。
「Pet Me」とプリントされた赤いベストが目印です。
pup-2

この写真はロサンゼルスタイムズからセラピードッグのFINN君、
4歳のアイリッシュウルフハウンドで、好きなおやつはブルーベリーだそうですよ。
lax-pup-1

ロサンゼルス国際空港のホームページを見ると、
50頭のわんちゃんのプロフィールがありました。
pup-1

日本では、空港にいるのは麻薬探知犬のジャーマンシェパード?
みたいなイメージがありますが
ロスの空港のように、大きさも種類も多様なわんちゃんたちがいたら
長旅の疲れも時差ボケも忘れて、楽しい気持ちになるでしょうね。

ちなみにポートランド国際空港や、シカゴのオヘア国際空港では
空港の敷地内のエコ除草係としてヤギが働いています。
米ポートランド空港に「働くヤギ」、任務はエコ除草
除草剤を使わないので環境にも優しく、機械が入り込めない場所も除草できちゃうそうです。

尚、ファルコン環境サービスという会社では、
飛行機と鳥との衝突事故回避のために、ハヤブサや鷹などの猛禽類を使ったサービスを行っているそうです。
falcon-environment
アメリカでは年間11,400回の衝突事故が発生しているといいます。
鳥たちが猛禽類を見て、外敵が来たと逃げることで衝突回避ができれば一挙両得?
日本の鷹匠とは違う猛禽類の活用方ですね。


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。また、大好きなハーブのこと、グルテンフリーやファスティングに関する情報、外から見た日本の見え方などもお伝えします。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。