月別アーカイブ: 2018年1月

ダノの皮膚病 / ヤラーオーガニック物語-2


 ダノの皮膚病

 

いつ頃からでしょうか?

ダノの成長に伴い、ロエレビンクさんには悩みができました。

ダノが痒がって体を搔きむしるようになってきたのです。

 

 

獣医さんに行くと、皮膚炎ですからお薬を塗ってくださいね、と言われ、ステロイドが処方されました。
愛犬や愛猫の皮膚トラブルに悩んだことのある飼い主さんなら、きっと同じ経験をされているかと思います。

 

ステロイドを塗ると、一時的に症状は収まり、良くなったように感じます。

しかし、ほっと一息ついたのもつかの間、また同じ症状がやって来る。

薬を塗っても以前ほど良くならなず、がだんだん薬が効かなくなっているような気がする。

 

 

 

先生、どうも思わしくないのですが。

 

そうですか、。。では、、、、、

 

 

 

、、、こうして違う種類のステロイドが処方されていく。

症状は繰り返し起こり、いつしか慢性化。

 

 

一生ステロイドが手放せない生活になってしまうのか?

ステロイドを使う以外に改善の道は無いのだろうか?

 

愛するダノのために、僕はいったい何をしてあげられるんだろう?

 

guy-anoying

食べ物が体を作り、食べ物が病気も作るんだ!

 

 

そんな時、ロエレビンクさんは、食べ物を変えて慢性病を克服した人の話を耳にします。

食べ物か!!

ダノの食事には気を遣ってきたつもりだった。

 

体が大きいのでたくさん食べるから、フードの出費は大きい。

でも、なるべく値段が高くて上質と思われるもの、

知名度の高い、有名なブランドのフードを選んできた。

 

 

なのに、なぜダノの皮膚病は一向に良くならないのだろう?

 

そのフードの原料はいったい何だったんだろう?

ダノは何を食べていたんだ?僕はダノに何を食べさせていたんだろう?

 

 

 

食生活を変え、オーガニックの食材で健康を取り戻した人がいるのなら、犬だって同じはず。

食べ物が体に影響していたのなら、食べ物を変え変えればダノの体だって変わるに違いない。

 

僕はダノの健康を取り戻すためなら何でもするよ!

ロエレビンクさんは、そう決心します。

 

そして、オーガニックの原料だけを使ってダノが安心して食べられるフードを作ることにしたのです。

 

 

 

食べ物を変えれば、ステロイドなど使わなくても皮膚病は治るはず!

ロエレビンクさんはそう考えたのです。

 

 

 

 

 愛犬の健康を願う飼い主の気持ち

 

 

ロエレビンクさんにとって一番大事なのは、愛犬・ダノの健康なのです。

 

 

ダノが皮膚病から脱して健康を取り戻すには、どうすれば良いかを真剣に考えました。

 

そして、ロエレビンクさんは、使う原料に徹底的にこだわることにしました。

 

 

なぜかっていえば、ペットフードの原料の実態を知ってしまったから。

法的規制もゆるくて、使われる原料の質は消費者には知らされないと分かったからです。

 

 

ペットフードの製造メーカーの言っていることは、どこにも保証がなく、

最悪の場合パッケージの表記に「嘘」が書かれていいたとしても、

法的な罰則も監視の目も行き届いていないのです。
だから、自分でしっかり確かめて、信頼のおけるもの、保証のあるものを使うしかないのです。

 

 

誰がどこで、どんな方法で育成したものか、その点を一番に重視しました。

今でいう「トレーサビリティ」というものですね。

 

結果的に「オーガニック認証」の原料を使うことになりました。

 

 

メーカーを信じたら愛犬が死んだ。。。

 

 

ここで、ロエレビンクさんのお話に、メイが口を挟んでみます。

 

一般的にフードメーカーがペットフードを製造する際に重視するのは、

残念ながらそれを食べる犬や猫の健康ではありません。

 

 

どれだけ安い原料を手に入れるか。

どれれだけ多く利益がはじき出せるか。

いかに素敵なキャッチフレーズで飼い主のイメージを喚起することができるか。

 

 

だから、そもそものフードを作る目的がロエレビンクさんとは全く違うのです。

 

 

誰を思って作られたか。

飼い主にとってはとても重要なことですよね。

メーカーにとってはあまり重要ではないかもしれませんが。

 

 

飼い主の思いとメーカーの思惑の違いが浮き彫りになって、

2017年はとても悲しい幕開けになりました。

 

 

年明け早々、Taluraという名前の一匹のパグの女の子が、

「ヒューマングレード」の原料を使っていると書かれたフードを食べて急死してしまったのです。

(※ペットフードの宣伝における「ヒューマングレード」は、人間が食べられるレベルという曖昧な認識で使われ、法的な定義はなく、イメージとして自由に使われています)

 

 

飼い主さんは、メーカーのHPに書かれた「ヒューマングレード」の表記を信じて、

それなりのお値段を払って「ヒューマングレード」のフードを手に入れたわけです。

まさか、それが真っ赤な嘘で、裏切られているなんて夢にも思っていなかったでしょう。

 

 

多分、日本の飼い主さんも、フード製造メーカーの言っていることを信じ切っているのではないでしょうか。

無添加、ナチュラル、総合栄養食、ヒューマングレード、色々なイメージワードが並びます。

 

知名度抜群の有名な大企業が作るフードですもん!

信じて食べさせますよね。

 

 

Taluraが死んでしまいまい、メーカーは何をしたでしょうか?

自主回収、リコール、と言って、製品を市場から回収しました。

でも、Taluraは帰ってきません。

 

とても不公平だと思いませんか?

 

メーカーは、どんな原料を使ってフードが作られているか知っています。

どんな原料を使っているか分かって製造しています。

 

でも、大切な家族に食べさせる飼い主さんには真実の原料は知らされません。

私たち飼い主はは、愛犬・愛猫が死んでしまうまで、食べさせたものの本当の中身が分からないのです。

 

ああ、やっぱりどう考えても不公平だ。。。

 

 


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。電子書籍「本当は怖いペットフードの真実』がRCFパブシッシングから出版されました。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。

ヤラー オーガニック物語-1 / 子犬が家にきた〜!


 

ヤラー オーガニック物語

これは、ある一人の飼い主の愛情物語です。

今から遡ること25年以上も前のこと。ある大型犬の飼い主が、オランダの小さな街に住んでいました。飼い主のロエレビンクさんは、愛犬をそれはそれは可愛がっていました。

 

 

ロエレビンクさんの愛犬は、バニーズマウンテンドッグ。

名前はダノと言います。

 

dano-mountain
ダノが家に来てからというもの、ロエレビンクさんは家に帰るのが楽しみで仕方がありません。ドアを開けると、嬉しそうに走り寄るダノ。嬉しさを全身で表現して、ちぎれんばかりに尻尾を振っています。

 

 

そんなダノを見たら、疲れもいっぺんに吹き飛ぶような気がしました。

 

 

散歩は毎日欠かせない日課です。

 

活動量が半端ないバーニーズマウンテンドッグのダノに付き合うのですから、ロエレビンクさんも大変です。

 

しかし、だんだん 慣れてくると、自分のストレス発散にもなっていることに気づきました。

 

 

ダノと一緒に体を動かすことが、なんと気持ち良いものかと!

 

公園で走り回ったり、緑の小径の木漏れ日を楽しんだり。

 

 

自然の風に触れながら、ダノに話しかけると、なんだか優しい気持ちになっているのです。

 

019
こうして、小さかったダノは、ロエレビンクの愛情を一身に浴びながら、どんどん大きくなって、 立派なバーニーズマウンテンドッグへと成長していきました。 

ダノがいる生活。

 

 

それがどんなに自分に癒しをもたらすものか、
ロエレビンクさんは毎日実感しつつ、ダノとの素敵な時間を満喫していました。

 

 

 

しかし、そんな中、思いもよらぬ困ったことが起きました。

ロエレビンクさんを悩ませたこと、それは、、、、

 

 

ロエレビンク家に問題発生!!

それは?

 

 


  • 現在、カリフォルニア州サンタモニカで娘と二人暮し中。アニマルシェルターレポートや、アメリカのオーガニックの現状、ペットフード・ペット事情などを発信しています。電子書籍「本当は怖いペットフードの真実』がRCFパブシッシングから出版されました。 メディカルハーブ協会認定/ハーバルセラピスト、日本成人病予防協会認定/健康管理士一般指導員、ペットロングライフカウンセラー。 趣味は書道と植物のスケッチ、手作り化粧品やハーブのチンキ作り、ヨガと瞑想。